ランサーズでプロジェクトを受ける際の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ランサーズにはプロジェクトというお仕事があります。タスクは単発型のお仕事に対して、プロジェクトは複数の仕事を引き受けることです。

データ入力や、レビュー投稿に慣れてきたら、プロジェクトを受ける方が多いと思いますが、いくつか注意点があります。

ランサーズでプロジェクトを受ける際の注意点

納期は必ず守ること

プロジェクトには完成までの期限が定められています。この期限を守るようにしてください。もしも、納期が遅れる場合、必ずクライアントに連絡しましょう。連絡が遅れた場合、クライアントからキャンセルされるか、ランサーズの公式運営に報告され、警告を受ける事があります。

また、納期を守らず放置してしまうと、プロフィール画面に表示される「評価」が下がります。今後仕事を受けられなくなる可能性もあるので、十分注意しましょう。

完成したものから順次アップロードすること

複数のデータを納品する場合、完成したものから順次アップロードしましょう。期限ぎりぎりにまとめて納品すると、クライアントがすべてのデータを確認するまでに時間がかかりますし、その分、報酬の振り込みも遅れてしまいます。

また、クライアントから追加依頼や修正依頼がくる場合があるので、早急に対応するようにしましょう。仮に、まとめて納品してしまい、その後に修正をするとなるとかなりの重労働です。

できたものから順次アップロードし、こまめに修正を加えることをおすすめします。(※クライアントの指示に従ってください。)

クライアントが承認してくれないときの対処法

納期が完了したら、あとは報酬の振り込みを待つだけですが、すぐに承認されない場合があります。内容によりますが、10記事程度でしたら、1週間ほど、長くても2週間以内には承認され、報酬が振り込まれます。もしも、納品後に待たされる場合は、クライアントに連絡しましょう。

ランサーズはエスクロー入金(報酬の仮払いシステム)があるので、とんずらされる、ということはまずないと思いますが、心配でしたら失礼のない程度に催促してもよいと思います。

クライアントと全く連絡が取れない場合は、ランサーズの公式運営に直接問い合わせてください。先ほども言いましたが、ランサーズにはエスクロー入金システムがあるので、もしもクライアントがとんずらした場合、ランサーズから報酬が支払われる可能性があります。

クライアントから直接取引を依頼された場合の注意点

プロジェクトの完成後、クライアントから直接依頼されることがあります。直接依頼を受ける場合、ランサーズを介して取引するようにしましょう。ランサーズを介さない金銭の取引は規約違反です。ランサーズに知られた場合、ペナルティを受けることになります。(手数料分を支払うなど)

最悪の場合、今後ランサーズを利用できなくなるので、十分に注意するようにしましょう。また、個人が企業と直接金銭の取引をする場合、慣れていないことに付け込まれて企業の思うままに利用されるかもしれません。

個人取引のノウハウや報酬の相場が把握できないなら、必ずランサーズを介して取引しましょう。

個人情報は教えないようにしよう

プロジェクトを受ける際に、ラインやスカイプを使って連絡をとる場合がありますが、できるだけ個人情報を伏せたほうが良いと思います。アカウント名に本名を入れないとか、ランサーズ用のIDを作るなどして対応しましょう。

また、電話番号を聞かれた場合、なぜ番号が必要なのか、他の連絡手段ではいけないのかをしっかり聞きましょう。ネット上での取引なので、できる限り個人情報を教えない方が良いと思います。

ランサーズのトラブルに気を付けること

以上がランサーズでプロジェクトを受ける際の注意点です。当たり前の事ばかりですが、実際いろんなトラブルがあるのも事実なのです。ランサーズのプロジェクトは企業による依頼だけでなく、個人の依頼も多いので、トラブルが起こることが稀にあります。

もしもトラブルに巻き込まれたら、早急にランサーズに問い合わせてください。ランサーズの対応は迅速なのですぐに解決できると思います。

では、ランサーズで頑張って稼ぎましょうね!

ランサーズでプロジェクトを受けてみよう!
プロジェクト提案後、クライアントから正式な依頼を受け、いよいよ作業を開始します。...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
date-entry
トップへ戻る