ネット副業がバレる?マイナンバー制度を分かりやすく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
621dc99a0154d54cb92a6f013441b674_s

2016年の1月から、マイナンバー制度が開始されます。気になるのは、マイナンバー制度が開始されると副業がバレるのか!?ということです。副業禁止の会社も多いので、心配されている方も多いようですね。

結論から言うと、マイナンバー制度の導入に関わらず、バレるケースとバレないケースがあります。副業が会社にバレるのはなぜでしょうか。

マイナンバー制度で副業がばれる!?

副業がばれる流れとは?

少々複雑なしくみなので、箇条書きで説明します。

①マイナンバー制度が導入されると、勤務先にマイナンバーを通知しなければならない(副業も含める)

②税務署が個人の収入の流れ(どこからいくらもらったのか)を把握するようになる

③副業の給与所得が20万円を超えた場合は確定申告をする必要がある

確定申告をすると副業の給与所得を含めた住民税額が会社に通達される

会社に副業がバレるのは住民税の徴収方法が原因

住民税は、すべての収入の合計から計算されます。また、住民税には、自分で収める方法(普通徴収)と会社の給料から天引きされて徴収される場合(特別徴収)の2種類の納め方があります。普通徴収の場合は会社にはバレません。

逆に、特別徴収の場合は、本業+副業分の住民税額が会社に通達されるので、バレてしまうんですね。要するに、会社に副業がバレるのは住民税の徴収方法が原因というわけです!マイナンバー制度の導入に関わらず、バレるケースとバレないケースがあるのはこのためです。

確定申告時、住民税の徴収方法を選べるので、確認してみてください。普通徴税を選んだ場合は、自分で住民税を納める必要がありますが、会社バレする可能性は極めて低くなります。

まとめ バレるのが不安ならやめておこう!

ランサーズなどのネットビジネス収入に関して言えば、住民税の徴税方法を普通徴税にすれば副業がバレる可能性は低いと思われます。

ですが、もしもの場合を考えて、やめておいた方が無難、かな?もしくはバレた時の対策として、言い訳を考えておくといいかもしれませんね。

余談ですが、マイナンバー制度により、前職がバレる!なんてことはないようです。昔夜の仕事をしていたことがバレちゃうかも!と、一時期話題になりましたがご安心を。

[ネット副業と納税]確定申告・住民税について解説
ネットで稼いでいるんだけど、確定申告は必要なの?住民税の申告ってなんだろう?納税のしくみは少々複...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
date-entry
トップへ戻る