[ネット副業と納税]確定申告・住民税について解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
db4d705951df4e1fd649577e7964ef45_s

ネットで稼いでいるんだけど、確定申告は必要なの?住民税の申告ってなんだろう?納税のしくみは少々複雑ですが、ランサーズや、アフィリエイトなどのネットビジネスで収入を得ている方は、知っておくべきことがあります。

色々調べてみたので、大まかな説明をします。主に結論だけを書いていくので、詳しく知りたい方は、参考リンクをお読みください。

確定申告が必要?不要?

本業がサラリーマン・パートの確定申告

①副業の給与所得が、年間20万円を超える場合⇒必要
②副業の給与所得が、年間20万円以下の場合⇒不要

※給与所得=給与収入-(税金+経費など)⇒つまり手取りのことです

学生・無職・専業主婦の確定申告

①年間所得が38万円を超える場合⇒必要
②年間所得が38万円以下の場合⇒不要

詳しい理由や税金のしくみを知りたい方はこちらを読んでください。

住民税の申告は必要?不要?

さて、上記では確定申告について書きましたが、住民税の申告は全く別の問題です。住民税とは、現在住んでいる地域に納める税金のこと。

つまり、住民税=地方税 ということになります。所得税は国税なので、申告先が違うんですね。

なので、確定申告が必要でない方も、住民税の申告が必要な場合があります。なぜなら、住民税とは全ての所得を合算して計算されるものだからです。大まかなパターンを見てみましょう。

本業がサラリーマン・パートの住民税

①副業分の確定申告をした場合⇒不要
②副業分の確定申告をしなかった場合⇒必要

学生・無職・専業主婦の住民税

①確定申告をした場合⇒不要
②確定申告をしておらず、年間所得が33万円を超えた場合⇒必要

Nqfxm7Ahuj_Ee_u1449123670_1449123692

なんだかごちゃごちゃしてきましたね。簡潔に言いましょう。

副業、またはネット収入分の確定申告をした場合、住民税の申告は不要です。
これは、確定申告をすると、自動的に住民税の計算が行われるためです。問題は確定申告をしなかった場合です。

サラリーマンなど、本業以外の収入がある場合は、その金額に関わらず、住民税の申告が必要になります。ネット収入のみの方は、収入が33万円を超えると住民税の申告が必要になります。

マイナンバー制度による副業バレについてはこちらを読んでください。

ネット副業がバレる?マイナンバー制度を分かりやすく解説
2016年の1月から、マイナンバー制度が開始されます。気になるのは、マイナンバー制度が開始される...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
date-entry
トップへ戻る